茶室「古香庵」 いにしえの香り充つる、ゆかしき庵

美術館の最上階、大屋根の直下に嵌め込まれたこの茶室は、数寄屋建築の名匠、故中村外二棟梁の遺作として知られ、その端正な伝統美と、大江匡氏による美術館本体の個性的な現代建築が絶妙に調和した空間です。東に向かって開放されたつくりで、岡崎公園の並木越しに居ながらにして東山の峰々が一望できます。

伝統的な室礼の中で、間近に美術品と向き合える場所、大切にしたい日本の文化と、直にふれあうことのできる空間。
清々しい茶室で、季節のうつろいを愛でつつ、京の風情をご堪能ください。

旅の想い出に、
日本の伝統文化にふれてみませんか。


四季折々に開催される公募の茶会「古香庵茶会」では、コレクションの美術品を用いた室礼、道具組により、生の観賞体験を提供。(貸し席のご利用も承ります。)

開室時間:11時〜17時
定休日:不定休につき、お問合せ下さい

住所 : 〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
   細見美術館 内 古香庵

<ご予約・お問合せ>
FAX : 075-752-5955
E-MAIL:info[at]emuseum.or.jp


古香庵 催しのご案内

2017.4.15

有料・事前申込制

茶室で愉しむ アートサロン

古裂に親しむ

アートサロンとは・・美術館のゆったりとした雰囲気の中で、文化・芸術にふれ創造性を高めていただける講座を少人数制で開催いたします。

テーブル席でお抹茶とお菓子を召し上がりながら、学芸員のおはなしをお愉しみください。

細見美術館友の会 会員特典

茶室で愉しむアートサロン 古裂に親しむ 古香庵 【日時】
2017年6月30日(金) 
午前の部:午前11時~・午後の部:午後2時~

【会場】
茶室「古香庵」(細見美術館3階)・展示室

【講師】
伊藤京子(当館 主任学芸員)

【定員】
各回15名
※申込先着順。定員になり次第、受付を終了いたします。

【料金】
一般 3,300円

【友の会料金】
フレンドシップメンバー 2,600円
サポートメンバー 2,200円
フェローシップメンバー 無料

【内容】
担当学芸員のおはなし・夏越にちなんだお菓子と抹茶・ギャラリートーク

< お申込方法 >

申込期間:6月17日(土)~
申込方法:FAX(075-752-5955)・メール(artsalon0630@emuseum.or.jp)・往復はがき
イベント名・参加希望の部・参加人数・氏名・ふりがな・電話番号・FAX番号(ある方のみ)・会員番号(友の会会員のみ)をお知らせください。

往復はがきの書き方

[往復はがき]
文面「イベント名・参加希望の部・参加人数・氏名・ふりがな・電話番号・会員番号(友の会会員のみ)」
宛名面「〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 細見美術館 アートサロン係」

[返信はがき]
宛名面「郵便番号・住所・氏名」

○※1週間を過ぎてもご案内が届かない場合はお電話にてお問い合わせください。

お稽古 東山を望むお茶室で心しずかに

  • 藤花会 美術館でお茶のお稽古 古香庵 細見美術館

催し・教室

茶室で愉しむアートサロン 古裂に親しむ

日々のおもてなし

季節の生菓子とお抹茶 ¥1,080

Seasonal Sweet & Powdered Green Tea ¥1,080
  • お菓子の数に限りがございます。
    5名様以上にてお越しの節は、ご予約をおすすめいたします。
  • 立礼席(イス席)でのおもてなしもいたします。お問合せ下さい。
非水菓子 茶室 古香庵 アートキューブ

【夏季限定】亀廣永製 「したたり」
期間:7月1日(土)~

滋味ゆたかな黒蜜と丹波糸寒天で作られた琥珀羹。菊の露「したたり」を
のんで永遠の命を得たという菊慈童のおはなしにちなんだ菓銘です。
※あたたかい抹茶もご用意できます。
※お菓子の数に限りがあります。ご了承ください。